ホーム > JAで学ぼう

JAで学ぼう

 JAかとりでは、次世代を担う子供たちや消費者に食べ物の大切さを知っていただくために、農業の大切さを学ぶ「場」を提供しています。

 毎年、地域や首都圏の小学生などが行う農業体験学習を支援しています。自然に触れ、農作物の成長過程やその大切さを知り、収穫の喜びを感じてもらいたいと思っています。

 このページでは、JAかとり管内で行った農業体験の様子を随時掲載していきます。


●2018年 秋の農業体験

稲刈り&サツマイモ収穫体験

小見川北小学校(香取市)

 4年生から6年生の107名は学校の近くの圃場で稲刈り体験を行いました。地元水稲の生産者によるコンバインの実演を見学した後、高齢者クラブとJA営農指導員から鎌で刈り取る方法を教わって、稲刈りをしました。また、1年生から3年生の88名は学校の畑でサツマイモの収穫をして、大きなサツマイモ「ベニアズマ」がたくさん獲れました。

 

小見川東小学校(香取市)

 4年生18名は、地元の水稲生産者から圃場10aを提供して頂き、稲刈り体験をしました。児童たちは、水稲生産者から鎌の使い方やわらで束ねる方法を学び、「鎌をのこぎりみたいに使うことや、わらで稲を束ねることも初めてで、大変だった」と話していました。

 

品川区立立会小学校(東京都)

 5年生98名は、大栄地区の大栄ファーマーズクラブ、伊能歌舞伎米研究会などの協力により、津富浦地区でサツマイモ収穫と稲刈りを体験しました。体験を終えて児童は「芋掘りでは、一株に7本できていて、顔よりも大きいサツマイモがたくさん獲れました。稲刈りは鎌で刈ることや、わらで縛るのが難しかった。早くご飯にして食べてみたいです」と話しました。

 

目黒区立中根小学校(東京都)

 5年生80名は、下総地区のお米ネットワークしもふさの根本会長から5月に提供してもらった圃場で稲刈りを体験しました。最初にコンバインの実演を見学し、鎌で刈った稲を紐で束ねておだに掛ける作業を行い、体験終了後には児童たちからコンバインや米の生育状況について質問がありました。

バケツ稲づくりに挑戦

下総みどり学園、桜田小学校(成田市)と栗源小学校(香取市)

 5年生が、9月から10月にかけて「収穫」「脱穀と籾すり」「精米」を体験しました。
 鎌の使い方を教わって収穫して、牛乳パックやお椀を使って脱穀した後、すり鉢と軟式野球ボールで籾すりをして玄米を取り出し、空の瓶に入れてすりこぎ棒で突いてぬかを取り除きました。
 児童たちは玄米を取り出すと歓声を上げて喜んだり、JA営農指導員から雑草の種類や病害虫の説明について真剣な様子で聞いたりしていました。


桜田小学校

下総みどり学園

栗源小学校