ホーム > JAかとりの特産品 > さつまいも

JAかとりの野菜

さつまいも
品質が一定でおいしい!京浜市場でシェアNO.1

さつまいも

生産量面積711ha
出荷数量350万ケース(2017年現在)

産地としての特徴

 JA管内の畑作地帯は、関東ローム層という火山土壌でサツマイモの栽培に適しており、古くからサツマイモの産地として多彩な品種が栽培され、多くの市場に評価されています。「ベニアズマ」「べにはるか」「シルクスイート」、JAかとりオリジナルブランド「大栄愛娘」を栽培しています。最近では、東南アジア(マレーシア)へ輸出し高い評価を受け、年々増加しております。

美味しさのポイント

 収穫後は粉質ですが貯蔵する事により粘質になり甘味が増していきます。じっくり貯蔵し、おいしさを最大限に引き出しています。品種ごとにおいしくなる時期が変わるので、出荷まで貯蔵期間をもうけ、高品質良食味のさつまいもを提供しています。

主な品種

ベニアズマ
ベニアズマ

JAかとり管内で最も多く作付けされている代表品種。香りが良く、ホクホクとした食感とほのかな甘みが特徴です。焼き芋や蒸し芋はもちろん、天ぷらやお菓子にもおすすめです。

出荷時期
ベニアズマ 出荷時期
大栄愛娘
大栄愛娘

栽培方法にこだわり、安全・安心の農産物として販売している、JAかとりオリジナルブランドのさつまいもです。45日間以上貯蔵することで、しっとりとした甘み、上品な甘さが特徴的です。

出荷時期
大栄愛娘 出荷時期
べにはるか
べにはるか

長時間貯蔵することで、しっとりとねっとりとした食感とスイーツのような濃厚な甘みが特徴です。焼き芋がおすすめで、焼き立てはもちろん、冷やして食べても美味しいです。

出荷時期
べにはるか 出荷時期
シルクスイート
シルクスイート

シルクのように滑らかな舌触りでしっとり甘く、べにはるかにも負けないスイーツのようなサツマイモ。掘り立て直後でも甘い焼き芋になり、貯蔵するとさらにしっとりとした焼き芋に変身します。女性や子供を中心に人気急上昇中です。

出荷時期
シルクスイート 出荷時期
NOIMAGE
パープルスイートロード

色鮮やかな紫色で紫芋の中でも甘みのあるサツマイモ。加熱をすることで濃紫色になり、お菓子等におすすめです。

出荷時期
パープルスイートロード 出荷時期

サツマイモ加工品

芋焼酎の説明 本格芋焼酎「かとりの恵(めぐみ)」

 焼酎の原料用サツマイモを「べにはるか」と「パープルスイートロード」の2つの品種を使用。多様な消費者に好まれるように芋の香りを残しつつフルーティーな味わいの焼酎を求め、水にもこだわりました。2017年11月から、JA、道の駅などで販売を開始し、購入者からは「ロックでも、お湯割りでもいける」と評判も上々です。

サツマイモの栄養

サツマイモは食物繊維やビタミンCが豊富です。ビタミンCは皮膚や粘膜の結構維持を助けるとともに抗酸化作用があります。サツマイモを切った時に出てくる白い液体(ヤラピン)は腸の動きを助け、食物繊維と合わせて便秘の改善が期待できます。

サツマイモの豆知識

おいしいさつまいもの見分け方

おいしいさつまいもは①皮の色が濃く、艶があるもの。②紡錘形で重量感のあるもの。③毛穴の浅いもの。④切り口からヤラピンがでているものです。かとりで生産しているさつまいもは以上の内容にあてはまるものが多いので、是非手に取ってみてくださいね!

サツマイモの保存方法

サツマイモは温度13~15℃、湿度80%以上の環境を好みます。新聞紙等でサツマイモを包み、段ボールで保存することで2~3週間の保存が可能です。寒い場所や密閉した環境では、すぐに傷んでしまうので冷蔵庫やビニール袋での保存はやめましょう。